格言

格言 153

「出来るか出来ないか

わからないことに対してぶつかっていく」

ということが人間の一番美しい姿勢

(小曽根 真)