格言

格言 352

忘れるにまかせる

ということが

結局もっとも美しく思い出す

ということだ

(川端 康成 ”散りぬるを”)